-

ようやく投資すると時という場合では、何よりも事前調査を手抜きしてはいけません。相場に入る前であったら、出来事を論理的に見ることのできる余裕がある。しかしながら、ただ一度売買の中に足を踏み入れると、捉え方が主観的になってしまい適切な状況判断ができなくなるリスクがあります。その分考え方が客観的な間に、きちっと準備をしておくことが大切なのだ。この”準備”とは、最初はあなただけのシナリオを作成する事からスタートする。相場はこうなってああなるから、米ドルをエントリーするというように自分だけの筋書きを書いていきます。次に大切なのは日足チャートを調べましょう。為替レートの動きを見つめて現在の位置をチェックします。すると、「今はだいぶ高いレベルになっている」他には「今となっては大多数の方々が買い(あるいは売り)に動いているから今から自分が売り(または買い)してももはや手遅れだな」などと納得できます。当たり前ですが売り(または買い)するが手遅れだなと思ったならば手を出さないで、その場面では割り切ることが肝心。どうやっても自分自身の台本を引き下げないで、割り切らずに新規エントリーすると外国為替市場にやられて損害を受けることになりかねない。とは言ってもたいがいの場合では緻密な自分なりの脚本を書いておけば、売買が遅いという状況にはならないと思います。リアルに外国為替市場が上下動する前の状態のはずだからです。次に、差し当って自らが売買しようと思っている外貨ポジションの動きを、正確に確かめる事が大事です。例えば円安になるだろうという台本を作ったのであればその外貨の上下動に注目する事が大切です。外国為替相場の動きを注目し始めた段階では、まだまだドル円は誰の眼にも明らかに上下動する兆候を見せることはなく上や下に小幅な変化を繰り返しているだけだろう。ところが、その変動を気をつけていると、あるところでゆっくりと、円安へと為替相場が変動し始めます。このタイミングでようやくドル買いの新規取引します。これだけ念入りに事前準備さえしておけばその売買で勝利する可能性は結構高まるはずだ。