-

特定調停という方法も任意整理による解決とほぼ同じく、それらの債権者に対しての返済を継続していくことを前置きとした債務の整理の形になります。言い換えるなら裁判所が間に入る借金の整理と考えればいいでしょう。特定調停も任意整理による解決と同じように、自己破産手続きと違い一定の負債のみをまとめることになるので、他の保証人が付いている負債以外について整理をする際や自動車ローンを別として処理していく際などにおいてでも使うことも良いですし資産を手放してしまうことは要求されていないため、マイカーや有価証券個人資産を持っているけれど、手放したくない状況においても活用可能な借金整理の手順になるでしょう。ただし、手続き後の返済金額と実際として可能な収入を比較しある程度返済の目処が立てられるようならばこの特定調停による手続きを取ることは可能ですが破産手続きと違い返済義務そのものが消滅するのではありませんので、借金の総量がかなりになる場合には実際的には選択肢を選ぶのは困難だということがいえるでしょう。それから、この手順は公の機関が間に入るため専門家に関わってもらわなくても不利になってしまうことはないことや処理のための諸経費を低くおさえられるという利点は注目できますが債権者からの取り立てに対し債務者自らが応対する必要があることとか、所定の裁判所に何回か行く必要があるなどといったデメリットもあります。くわえて、任意による整理との比較になりますが、最終段階でも和解に達しない場合は利子を全部含めた金額で返していくことになるという点や結果的に貸し手へ払う額が任意による整理の場合よりも高くなってしまう傾向がある等の覚えておきたい点もあります。

Category

リンク